晴れのち曇り、心の中は時々雨

家の駐車場で 母は車椅子から立ち上がり 車の後部座席に乗り込みました。 車で5分位の近い場所に、病院はあります。 運転席から、母に声を掛けました。 「私の声が聞こえますか?」 「はい、聞こえますよ」 「病院の先生方が『お変わりありませんか?』と尋ねてこられたときの、返事は大丈夫ですね?」 「え、何と答えたらいいかしら」 「最近、返答するのに時間がかかったり、無反応のときもあった…

続きを読む

本日は、快晴なり!

4週間に一度、処方箋をいただくために 母を病院に連れていくのですが 玄関の上がり框や玄関ポーチの段差を車椅子で移動させるには、長男の力がどうしても必要です。 今月は、長男の都合のつく日が今日しかありませんでした。 昨日も一昨日も雨でしたので、「どうか、晴れますように」と祈るような気持ちで朝を迎えました。 晴れ渡った空を見上げて、今日の天気に感謝しました。 シルバーカーでも車椅子でも…

続きを読む

お迎え現象?

午睡から覚めて、母は空を見つめていました。 「私の母は、今どこにいるの?」 「え、私の母? おばあさんのことですね」 「そう、私の母は 元気に暮らしているのかしら?」 「・・・」 「花さん、本当のことを言って。母は 元気なの?」 「・・・実はおばあさんは、もう亡くなっています」 「ええっ! 亡くなっている? 私は全然憶えていないわ。それはいつのこと?」 「46年前です」 「…

続きを読む